EASE Focus 3

EASE Focus 3とは

EASE Focus 3は、スピーカーの3Dモデリングを行う、フリーウェアの音響シミュレーションプログラムです。
EASE Focus 3を使用することにより、サウンドシステム全体をシミュレートして、複数のオーディエンスエリアや傾斜を持った会場に対して最適な音響カバレッジを実現するスピーカーシステムのセットアップが可能です。

プログラムは、ラインアレイ、サブアレイ、ステアリング・カラム、および従来のポイントソースなど、あらゆるスピーカーシステムに対応しています。70社を超えるスピーカーメーカーが製品データをEASE Focus 3用に提供しており、プログラム上で複数のメーカー製品を自由に読み出してシミュレーションすることができます。サポートメーカーについては、本国サイト「Licensees of EASE Focus 3」ページ をご確認ください。
EASE Focus 3画像1
EASE Focus 3のテクノロジーは、AFMGの音響シミュレーションソフトウェアEASEの計算エンジンに基づいており、高い分解能とGLLスピーカーデータフォーマットにより、20Hz〜20kHzの全周波数範囲で高い精度が得られます。また、互換性のあるデータ構造により、EASEおよび他のAFMGソフトウェアパッケージとのデータ交換が可能です。

主な特長

  • 会場のモデリング、オーディエンスエリアの入力、スピーカーの配置等の作図が簡単
  • 70社を超えるスピーカーデータベースから、最大40まで自由にスピーカーを選択可能
  • 通常のラインアレイやポイントソースに加え、サブウーハーアレイのシミュレーションとチューニングが可能
  • シミュレーション結果は、極性・位相・伝搬遅延などの影響を考慮し3Dマッピングで表示
  • AFMGのFIRmakerを使用して、会場に最適化したFIRフィルタの計算が可能

ソフトウェアのダウンロード

AFMG本国サイト(英語)から、以下の手順でダウンロードできます。
なお、EASE Focus 3はWindows版のみです。

  1. 最初に本国サイトのユーザーアグリーメントをご一読ください。
  2. その後、こちらよりプログラム本体をダウンロードください。
  3. ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、setup.exeを起動してインストールします。
  4. 最新の各社スピーカーデータベースは、こちらからダウンロードできます。その他の製品については、各メーカーにお問い合わせください。
    ※スピーカーデータベースのインストール方法:
    ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。
    EASE Focus 3を立ち上げ、、FileメニューのImport System Definition Fileコマンド(Ctrl + I)を使用して、使いたいデータファイルを選択し、ローカルデータベースにインポートします。

マニュアル

EASE Focus 3を立ち上げ、F1キーを押すと、英文マニュアル(PDF)を表示させることができます。