SysTune Pro

特長

SysTuneは、ライブPA用途に開発された、音響測定とチューニングのためのソフトです。
音響チューナーにとって必要不可欠な音響情報を素早くチューナーに伝えること、それがSysTuneの目的です。さらには、チューニングのためのシミュレーション環境も搭載しており、チューニング自体の時間短縮にも貢献します。

SysTuneの音響測定機能は、入力信号のスペクトラム表示やシステムの伝達関数測定などの周波数領域の測定に加え、時間領域の測定が大きくフューチャーされています。その真骨頂が、パテントテクノロジーである逆畳み込みを用いた「リアルタイム・インパルス応答測定」です:Real-Time Deconvolution (RTD™)。

インパルス応答の測定を可能としたことで、従来は周波数領域でしか確認できなかった難解なスピーカーや部屋の振る舞いが、時間軸上で様々な角度から直接的に観察できます。同時に、STI(音声明瞭度)やRT(残響時間)など、設備音響に必要な測定項目も網羅しています。

SysTuneは、チューニングのためのディレイ設定やEQのシミュレーション信号処理ソフトウェアを搭載しています。
たとえば、独自のDelay Analysis Moduleは、スピーカーアラインメントのためのディレイ値を測定結果から自動計算した後、ディレイ挿入後の音響特性を時間領域と周波数領域ですぐさまグラフ化します。また、PEQのためのIIRフィルターや直線位相を構築できるFIRフィルター(畳み込みエンジン)も搭載しており、音響特性の変化を見ながらのEQチューニングシミュレーションが可能です。

校正された各種音圧レベル測定やインピーダンス特性測定も可能です。操作環境としては、スマートフォンやタブレットでリモート測定を可能とするWebインターフェース機能や、外部のDSP制御ソフトとの統合機能などが備わっています。専用に開発されたオーディオインターフェースAUBION X.8を使えば、最高品質の測定がシームレスに実行できます。