EASE Standard セミナー

<概 要>

この3日間のセミナーは、EASE StandardおよびオプションソフトであるAURA・EARSなどEASEファミリーの全てを網羅した基礎コースとなっています。対象は、EASE初心者の方です。

セミナーでは、EASE Standardが持つ機能の意味と使い方を学習し、さらにハンズオンの実習を行います。実習のために、受講者には約3週間前にオプションを含めたEASE Standardのフルパッケージ(30日間の期限付き)の配布を行いますので、受講者はプログラムをインストールしたPCを持参し、自分のPC環境で実習を行うことができます。

また、音響シミュレーションを理解するために必要な、建築音響およびスピーカー音響特性の基礎技術にも触れます。統計的音響シミュレーションと幾何音響シミュレーションの違い、スピーカーの音響特性の定義の仕方など、音響技術者としての知識を拡げることができます。

Day1は、EASE Standardのプログラム構造と作図から音響シミュレーションまでの一連の流れを学びます。
Day2は、より現実的な部屋の作図とスピーカクラスタの構築、そしてベーシックな音響シミュレーションを習得します。
Day3は、高度な音響シミュレーションとして幾何音響シミュレーション(音線法・虚像法)や可聴化について学習・体験し、仕上げとして課題となる部屋の作図と音響シミュレーションを行います。

セミナー修了時には、EASE Standardによる音響シミュレーション業務をスタートする準備が整います。セミナーで使用したスライドや各種EASE関連データは、受講時にUSBメモリーで配布しますので、受講後も復習や継続的学習が容易です。

本セミナーはAFMG社公認となっており、講師は、音響技術教育の第一人者である株式会社J.TESORI代表の栗山譲二が務めます。

<詳 細>

                 
日 時 2017年11月28日(火)10:00~18:00、29日(水)10:00~18:00、30日(木)10:00~18:00
(全24時間 各日1時間休憩含む)
会 場 大田区産業プラザ(PiO)E会議室
東京都大田区南蒲田1丁目20-20 京浜急行「京急蒲田」駅より徒歩約3分
講 師 栗山 譲二(株式会社J.TESORI代表)
受講対象 以下のような方に最適です。
  • EASEをこれから使用する計画をお持ちの方
  • EASEをすでに使用していて使いはじめの方
  • 最新の音響シミュレーションツールをお探しの方でEASEに興味がある方
定 員 14名 ※定員になり次第締め切りさせていただきます
定員に達しましたので、キャンセル待ちでの受付とさせていただきます。
教 材 EASE Standard(30日間期限付きフルパッケージ 事前配布)
オリジナル資料(当日USBメモリー配布)
受講料 10万円(税別)
ご注意 事前配布のEASE StandardをインストールしたPCを必ず持参ください。
◆ 受講特典
受講後にEASE Standardをご購入の場合、製品代金の10%のディスカウントを行います。
※受講後30日以内(12月31日まで)のご購入の場合のみ

<カリキュラム>

Day1
1. EASEのイントロダクション EASEとは AFMG社と各製品紹介
EASEの構造と各モジュール Main, Edit, Eyes, Mapping, RayTracing, Probe, Vision
EASEデータベース マテリアルとスピーカーのデータベース参照と編集
オプションモジュール AURA, EARS
2. 作図のイントロダクション 基本要素 Vertex, Face, マテリアルの設定
モデリングの基本操作 Faceを作り、部屋をクローズする
3. 部屋の作図のエキササイズ 例題による演習 部屋を作り、マテリアルを設定し、部屋をクローズする
Room symmetryモード
3D Shapes
4. 残響時間のシミュレーションと最適化 残響時間の定義と計算方法 統計音響学をベースとした計算方法(EyringとSabine)
残響時間最適化
5. AutoCADおよびSketchUpとのImport/Export 操作方法 IMEXモジュール
Day2
6. シミュレーションの準備 SPの選択 Spデータベースへのアクセス
SPの配置 配置とAiming
シミュレーションの場所 SeatingArea, AudienceArea, Seatの配置
7. EASE Mapping オーバービュー Standard MappingからAURA Mappingまで
主要モジュール Eyes, Mapping, RayTracing モジュールの解説
Standard Mapping どのようなシミュレーションを行っているか、条件設定、結果の見方
例題による演習
8. スピーカーデータとクラスター構築 データフォーマットと見方 SPKとGLLフォーマット
クラスター構築方法 例題による演習
SpeakerLabについて ソフトの概要解説
9. ObjectとTablesについて Objectとは Objectとは何か、何ができるのか、使用のためのルール
例題による演習
Tableとは Tableとは何か、何ができるのか
例題による演習
Day3
10. 音響モデリングについて 幾何音響学とは Ray Tracing
Mirror Images
EASEの手法
EASEのモデリング要素 音源、境界、媒体、リスナー
吸音(Absorption)について
散乱(Scattering)について
11. EASE Ray Tracing ハイブリッドメソッド 概要、Impactとは
インパルス応答の計算
Ray Tracing File
Tailとは
例題による演習
12. AURA AURA Mapping 概要
シミュレーションの条件設定
AURAの散乱モデリングについて
AURAのDiffuse Rainについて
AURA Response AURA Mappingとの違い
IR(インパルス応答)計算
AURA Response Files(.RSP)とBinaural Files(.BIR)
13. シミュレーション機能の総括 Standard Mapping
AURA Mapping
Ray Tracing
AURA Response
14. EARSによる可聴化 可聴化とは 概要、IR、HRTF、Binaural等の解説
EARSの可聴化エンジン オンライン:LAKE オフライン:EARS
トランスオーラルとは
15. 修了演習 総合実習 課題となる部屋のモデリング
スピーカーの選定
スピーカーを配置してシミュレーション実施
※トレーニング内容は、都合により多少変更する可能性があります