OpenDRC-AN

OpenDRC3

◆ 製品説明

OpenDRCプラットフォームは、オープン・デジタルルームコレクション(DRC)のための新しいデジタルオーディオプロセッサ製品で、浮動小数点演算に対応しています。Analog DevicesのADSP21369 Sharc DSPを搭載したOpenDRCエンジンは、ルームコレクション、FIRクロスオーバーフィルタリング、リバーブエンジンといった複雑なオーディオフィルタリング処理を容易に行うことができます。OpenDRCシリーズの特長は、柔軟性、高性能、そして低コストです。

OpenDRC-AN (ANはアナログを意味します)は、Neutrik XLRコネクタによる平衡アナログオーディオ入出力を有するステレオオーディオ・プロセッサです。ユニットの設定が終ってしまえば、赤外線学習リモコンによる遠隔操作機能や、ロータリーエンコーダによって実行するプリセットあるいはマスターボリュームのコントロールを、PCがなくても行うことができます。この機器は、ステレオルームコレクション、サブウーファプロセッサ(モノ/ステレオからデュアルサブ)あるいはバイアンプスピーカのためのアクティブプロセッサとしても使用することができます。

OpenDRCは、私どもがminiDSPで実証済みのコンセプトである「1つのハードウェアとたくさんのプラグイン」に従っています。使いやすいプラットフォームは、そのシンプルな使用法ゆえに賞賛されています。ソフトウェア開発サードパーティとのいくつかの戦略的パートナーシップによって、OpenDRCはさらに一歩前進しました。先進のルームコレクションから完全なリニアフェーズクロスオーバー、さらにはPC不要な畳み込みエンジンなど、幅広いソリューションを揃えています。

◆ ハードウェア

  • Analog Devices Sharc ADSP21369
  • 32ビット浮動小数点処理
  • 24ビットADC/DAC分解能 : 114dB SNR
  • 48kHz/96kHzサンプリング : プラグインソフトに依存
  • FIRフィルタータップ数 : 6,144×2@48kHz
  • ステレオアナログ入力(XLR Neutrik平衡コネクタ)
  • ステレオアナログ出力(XLR Neutrik平衡コネクタ)
  • フロントパネルにボリュームコントローラ
  • 赤外線学習リモコン対応

◆ アプリケーション

  • FIRフィルタによるルームコレクション
  • カスタムフィルタのための畳み込みエンジン
  • 2ウェイフィルタエンジン
  • システムイコライゼーション

◆ ダウンロード(英語)

◆ 同梱品

  • 本体(金属エンクロージャ)
  • BタイプUSBケーブル×1
  • ユニーバーサル5VDCパワーサプライ
  • オリジナル日本語ユーザーマニュアル(保証書付)

◆ アプリケーションノート(英語)

Back to Top ↑