SpeakerLab オンライン LIVE! トレーニング

<概 要>

本セミナーでは、EASE FocusEASEなどAFMG社の音響シミュレーションソフトやスピーカーメーカー各社で使用されている代表的なスピーカーデータフォーマットGLL(Generic Loudspeaker Library)の基礎知識と、GLLデータ作成用ソフトSpeakerLab操作の基本を身につけます。

セミナーは、音響シミュレーションとスピーカーのデータ化の歴史からスタートし、GLLフォーマットが生まれた背景を理解します。そして、GLLフォーマットの全体像、GLLデータの構造、GLL Viewer(フリーソフト)を使ったGLLデータの確認の方法、SpeakerLabを使ったGLLデータ作成の手順と進んで行きます。
特に、音響シミュレーションの予測精度に大きく関わるスピーカー音響特性が、どのように測定され、どのようにGLLデータに取り込まれるのか、その仕組みと実際の音響測定時の留意事項について詳しく解説します。

SpeakerLabはGLLデータ作成だけではなく、スピーカー設計の強力なツールにもなります。
スピーカーのプロトタイプを製作する前に、クロスオーバーやFIRフィルターなどを組み込んだ結果をバルーン表示させるなど、様々な特性の確認ができます。
例えば、指向角度のアイソバーやビーミング特性の結果予測などを簡単に表示することができます。


セミナー後半では、GLLデータの作成実習※を行います。シンプルなスピーカーであれば、GLLデータをご自身で作成できるようになります。実習で作成したGLLデータはEASE Focusですぐに確認できます。
SpeakerLabの試用版と、EASE Focus用認証ファイルを事前配布いたします。

受講対象は、スピーカーを使った電気音響シミュレーションソフトをお使いの方であれば、どなたにも有用です。
特に、普段EASEEASE Focusで音響シミュレーションをされている方には、GLLデータの中身を知る貴重な機会です。もちろん、メーカーやエンジニアリング会社において、スピーカー設計や企画に従事されている方には、SpeakerLabを使ったGLLデータ作成入門として最適です。
※本コースは、「SpeakerLab+FIRmakerオンライン LIVE! トレーニング」の内容から、FIRmakerの解説を割愛し、GLLデータに関する項目をさらに充実させた内容となっております。

本セミナーはAFMG社公認です。
講師は、音響技術教育の第一人者である株式会社J.TESORI代表の栗山譲二が務めます。豊富な知識経験を元に、物理・心理・信号処理・エレクトロニクスなど様々な角度から受講者にアプローチします。

<詳 細>

              
日 時 2021年10月5日(火)13:00~17:00(4時間)
講 師 栗山 譲二(株式会社J.TESORI代表)
受講対象 以下のような方に最適です。
・EASE FocusやEASEを使われている方で、スピーカーモデリング(GLLファイル)の精度や作り方に興味をお持ちの方
・自社のスピーカーシステムをEASE FocusやEASEで使えるようにするために、GLLデータ化を検討されている方
・DSP機能を搭載したスピーカーシステムの設計ツールをお探しの方
・最先端のスピーカーモデリングに関する知識を得たい方
定 員 20名 ※定員になり次第締め切りさせていただきます
教 材 ・SpeakeLab Pro 試用版(30日間期限)、実習用EASE Focus GLL認証ファイル、GLL Viewer(フリーソフト)
・オリジナルテキスト(PDF事前配布)
受講料 11,000円(税込み)
講習動画 受講後期間限定で、トレーニング内容をオンデマンド動画で復習できます。

◆ご受講にあたって

  • ネットワーク接続されたパソコンと、マイク(必須)、カメラ(できれば)をご準備ください。
  • SpeakeLab Pro(事前配布)、GLL Viewer(フリーソフト)、EASE Focus(フリーソフト)、をインストールしたWindows PCをご用意ください。
    ※当日SpeakerLabの操作が難しい方は、受講後、講習動画を見ながらご自分のペースで操作実習を行えます。
  • 本オンラインセミナーのご参加にあたっては、セキュリティ強化のために、弊社から送られた手順書に従った事前登録と、参加時のパスワード入力が必要になります。

<カリキュラム>

  1. 音響シミュレーションとスピーカーモデリング
    • 歴史
    • GLLフォーマットとは
    • GLL ViewerとSpeakerLabの概要
  2. GLL Viewer(GLLデータ確認ツール)
    • 機能と操作方法
    • GLL Configuration Fileについて
  3. GLLデータ作成に必要なスピーカー実測データについて
    • インパルス応答/伝達関数の空間分解能
    • 回転中心点と測定距離の留意点
  4. SpeakerLab (GLLデータ作成ツール)
    • GLLデータ作成の手順
    • スピーカー音響データの取込み
    • 機構情報の入力
    • フィルターの挿入
  5. SpeakerLab実習
    • 2Wayポイントソーススピーカー
    • コラムスピーカー
  6. ライセンシングについて
  ※カリキュラムは予告なく変更になる場合がございます