J.TESORI SOUND WORKSHOP

  1. JTSWトップ 
  2. トレーニング一覧
  3. Power Theory

Power Theory コース ~Step3

「アンプとスピーカーの電力インターフェースを学ぶ」

本コースでは、プロオーディオ機器ユーザーが知っておくべき、アンプとスピーカーを適正にインターフェースするスキルを養成します。

プロオーディオ業界において、一般的にアンプとスピーカーの性能を示す“定格電力”は、サウンドシステムを設計する際や機器をメンテナンスする場合には、かなり曖昧で実質的には役に立たないことが通常です。
例えば、「このアンプは1kWを出力できる」や「このスピーカーは800Wを入力できる」などの主張は、実際には意味を持っていません。つまり、本来最も重要であるべき“定格電力”は、乱用され誤解されている仕様の一つと言えます。

本コースの目的は、アンプとスピーカーのインターフェースにおいて、混同し誤解しがちな仕様や性能について、正しく安全なガイダンスを行うことです。
具体的には、“定格電力”や“最大電力”などのこれまでの性能標準について、どこが曖昧なのかを正しく理解すると共に、より実用的で現実に近い性能とは何かを理解し、その性能を測定する手法を学習します。

本コース終了時には、以下のスキルを身につけることができます。
① アンプとスピーカーの性能を表す項目で、最も重要なものが何かが分かる
② アンプとスピーカーの性能は、どのような試験のもとに測定されているかが分かる
③ メーカーが提供する製品の仕様や性能の数値について、その背景を洞察することができる
④ 経済的かつ安全な出力系システムを組むことができる
⑤ スピーカーの限界性能を自分で測定するための準備(知識の獲得)ができる

こんな方にお勧め

  • 音を出す仕事に従事する、あらゆるプロオーディオ業界の方々
  • 特に、PA会社のサウンドシステムエンジニア
  • 特に、電気音響設備のサウンドシステム設計者
  • 特に、アンプとスピーカーの特性測定や修理を業務とされている方
  • 特に、アンプおよびスピーカーの販売を担当されている方

受講チェック

本コースは、JTSW Step1「Hello!ProAudio」およびStep2「Signal Theory」の受講修了者を対象としています。
受講経験がない方は、以下例題の知識をめどに自己判断いただき、お申込みください。
また、ご受講前にはぜひ復習をしてご参加ください。
  • オームの法則
  • フレミングの法則
  • 公称インピーダンスとは
  • 実効値とは
  • クレストファクターとは
  • 線形システムとは

トレーニング内容

5つのセッションで構成されています。
プロオーディオにおいて、電気音響変換を行うスピーカーは極めて重要な要素です。
そして、アンプはそのために商用電源(コンセント)あるいはバッテリーから電力を取り出しスピーカーに伝える役割を果たします。
セッション1では、基本的なオームの法則とフレミングの法則をベースに、アンプとスピーカーがどのような関係であればサウンドシステムが問題なく成立するのか、その原理原則を分かりやすく解説します。

セッション2は、スピーカーの選択や性能評価において、最も重要な最大入力電圧について詳細に学習します。
一般に、スピーカーにどれだけの電力を入れることができるかの指標として定格入力(W)が用いられていますが、そのために起こる混乱、そして最悪の場合にはスピーカー破損など、定格入力が持つ潜在的な曖昧さにストップをかけるのが最大入力電圧(Vrms)です。
その重要性の理由、定義、測定のブロックダイアグラム、測定ツール、測定手順、音響シミュレーションのためのスピーカーデータ上の表記、など特に詳しく解説します。

最大入力電圧は、主にスピーカーの熱による限界を決定づけるものですが、一方でボイスコイルの可動域限界などから起こる機械的損失も考慮しなければなりません。
セッション3では、スピーカーの機械的限界試験について、メーカーが一般にどのような方法で行っており、その結果をスピーカー仕様としてどのように表記しているかを解説します。

セッション4は、アンプの解説です。
そもそもアンプは、電気的に何をしようとしているのか、そして理想的ではない現実ではそれがどう変化してしまうのか、を信号のクレストファクターと負荷(スピーカー)を軸に分かりやすく解説します。
さらに、スピーカーの最大入力電圧から導き出すことができる“等価アンプサイズ”という重要な概念についても触れます。

セッション5は、仕上げです。
具体的には、すでにアンプとスピーカーがあるとして、アンプの入力感度をどのように調整すればよいかを解説します。考え方をしっかり学ぶことで、マルチウェイスピーカーシステム、パワードスピーカー、DSPアンプなどの場合にも応用ができます。

トレーニングの特長

難解な専門書とは一線を画すオリジナル図解を多く用いた分かりやすい理論解説、実際の測定ツールを用いた測定手法の解説を行うことにより、受講者の興味と理解度を一層高めます。
講師は、JTSW主宰の栗山譲二が務めます。

開催概要 

<関西> 
日     時 2020年2月5日(水)13時00分開始~18時00分終了(5時間 休憩時間含む)
会   場 大阪市立青少年センターKOKOPLAZA 講義室505
大阪市東淀川区東中島1-13-13 JR京都線「新大阪駅」東口より徒歩約7分
受 講 料 8,000円(消費税別) ※費用に含まれるもの:研修資料
<東京> 
日     時 2020年2月25日(火)13時00分開始~18時00分終了(5時間 休憩時間含む)
会     場 大田区産業プラザ(PiO)C会議室
東京都大田区南蒲田1丁目20-20 京浜急行「京急蒲田」駅より徒歩約3分
受 講 料 8,000円(消費税別) ※費用に含まれるもの:研修資料

◆ Step2修了割引プラン ◆

Step2(Room AcousticSignal Theory両コース)修了の場合、 7,000円(消費税別)
※お申込み時、「Step2修了割引き」利用にチェックしてください

  • <カリキュラム>

    1. アンプとスピーカーのインターフェースの基礎
    ➀ 定電圧源とは
    ➁ 線形動作とは
    ➂ 熱の影響
    2. スピーカーの最大入力電圧
    ➀ なぜ重要なのか
    ➁ 最大入力電圧の見つけ方
    ➂ 測定ブロックダイアグラム
    ➃ どのような音源を使い、何を観察するのか
    ➄ 測定の流れ
    3. スピーカーの機械的限界試験
    ➀ 考え方
    ➁ どのような音源を使い、何を観察するのか
    ➂ 最大入力電圧との比較
    4. アンプの定格電力
    ➀ 電力変換の基本
    ➁ 信号のクレストファクターと負荷
    ➂ 等価アンプサイズとは
    5. システムとして把握する
    ➀ アンプの入力感度調整
    ➁ 10m/30Vrmsガイドライン
    ➂ ゲイントレーディング
  • 講師栗山写真

    栗山 譲二
    くりやま じょうじ

    九州芸術工科大学(現九州大学)大学院修了、TOA株式会社入社。

    当初よりデジタル信号処理の音響分野への可能性に興味を持ち、ハウリング抑圧やスピーカ指向性制御などを研究。研究段階でもリアルタイム処理にこだわり、オーディオ用のデジタルチップが無い当時、AD/DA変換機やDSPをディスクリートで組み音出し実験を続け、アルゴリズムと聴こえの関係を模索。

    1980年代後半から、統合型デジタルプロセッサー"SAORI"、ウィーン国立歌劇場向け劇場用デジタル卓、NHK向け放送用デジタル卓、ポストプロダクション向けデジタル卓、などを開発。それらは、最も早くデジタル化したプロオーディオ製品の一つとして、国内外のメーカーやサウンドオペレータに多大な影響を与える。

    その功績が評価され、2002年音響家協会賞を受賞。

    2001年、ボーズ株式会社に技術顧問として転籍。デジタルプロセッサーや民生スピーカ開発に携わる。同時に経営にも参画、2008年よりボーズ株式会社の代表を務める。

    現在は、技術コンサルティングや研究用音響機器の開発販売を行う株式会社J.TESORI(ジェイテゾーリ)の代表。
    2012年11月、J.TESORI SOUND WORKSHOP(JTSW)をスタート。
    JTSWの目的は二つ。知識や理論の学習と、経験や知恵を交換し合う場の提供。一つ所で異なる立場の人々が学ぶことで、個人のスキルアップとともに互いに影響し合い、皆で成長する、それが栗山の目指すJTSWの姿です。
  • ◆ 関西開催 ◆

    日     時 2020年2月5日(水)13時00分開始~18時00分終了(5時間 休憩時間含む)
    会   場 大阪市立青少年センターKOKOPLAZA 講義室505
    大阪市東淀川区東中島1-13-13 JR京都線「新大阪駅」東口より徒歩約7分

    ◆ 東京開催 ◆

    日     時 2020年2月25日(火)13時00分開始~18時00分終了(5時間 休憩時間含む)
    会     場 大田区産業プラザ(PiO)C会議室
    東京都大田区南蒲田1丁目20-20 京浜急行「京急蒲田」駅より徒歩約3分
  • ご予約流れ

    JTSWトレーニングのお申込みは、お申込みフォームにご入力ください。

    お申込みいただきましたら、JTSW事務局でお席の確認後、折り返し振込み口座情報などのご連絡を差し上げます。
    研修形式の都合上、お支払いいただいた時点で正式にお申込み完了とさせていただいておりますが、企業様用のお手続きとして、請求書による処理も可能です。
    その他ご不明な点がおありでしたらお気軽にご相談ください。

    なお、受付完了後のキャンセルは、定員制をとっております都合上、ご遠慮いただけますようお願い申し上げます。
    受講者の変更は可能ですので、できるだけ代理の方の参加をお願いいたします。
    万が一キャンセルされる場合には、ご連絡いただいた時期によって以下の通りキャンセル料が発生いたしますのでご了承ください。
    また、受講者変更やキャンセルのご連絡は、お手数ですがメール:info@jtesori.comかFax:050-3730-4828にてお願いいたします。

    キャンセルポリシー
    セミナー開催30日前~8日前 :受講料の50%
    セミナー開催7日前~3日前 :受講料の70%
    セミナー開催2日前~当日 :受講料の100%
  • JTSWに関して、何かお聞きになりたいことがおありでしたら、お問合せフォームからご連絡ください。
    メール(info@jtesori.com)でも受付けておりますので、お気軽にご連絡ください。