ステレオ2Way・デジタルクロスオーバーの構築

2×4シリーズ1台でステレオ2ウェイスピーカー用のデジタルクロスオーバーを簡単に作る。

<使用機材>

<構成図>

>

<詳細>

フィルタータイプ(Linkwitz-Riley/Butterworth/Bessel)と傾きを各種選べ、タイムアラインメント用のディレイも搭載。
REWなどの音響測定ツールを使えば最適なクロスオーバー設定が可能。

<プラグイン画面例>

<さらに・・・>

DDRC-24なら
・入力信号をTOSLINKあるいはUSBオーディオから選べます(Diracも搭載)

miniDSP 2×4 HDなら
・入力信号をTOSLINKあるいはUSBオーディオから選べます
FIRフィルターによる線形位相クロスオーバーの作成が可能
Back to Top ↑