フィルター係数

デジタルフィルターは、加算・遅延・乗算の3つの演算要素で成り立っています。
フィルター係数とは、乗算時にデジタルオーディオデータ(PCMデータ)に掛け合わせる係数で、フィルター特性を決定する最も重要な情報です。
IIRフィルターでは5つの係数セットになり、FIRフィルターではタップ数と呼ばれる数百から数千の係数セットになります。
Back to Top ↑