Diracシリーズ紹介

Dirac LIVE® 搭載のminiDSP

ルームEQソフトの頂点ともいえるDirac Liveが、Version 3になって新登場。
miniDSP DDRCシリーズとUMIK1 , 2を使えば、リスニングルーム測定からFIRフィルターによる高度なルーム補正までを簡単に実施できます。

Dirac Live画像

DDRCシリーズは、スウェーデンDirac Research社のDirac Live 専用に作られたminiDSPです。
Dirac Liveは、音響測定からFIRフィルターによるEQ生成までを自動化したソフトウェアです。Dirac Liveのガイダンスに従って簡単な音響測定を行えば、FIRフィルターによる複雑な補正EQが自動的に作られます。その後、DDRCにフィルターをエクスポートし、音源とパワーアンプの間にDDRC本体を挿入するだけで、どなたでも自分だけのカスタムなルーム補正を手に入れることができる画期的な製品です。
※Dirac LiveはVersion 3になって日本語にも対応しており、大変使いやすくなっています。

それでは、Dirac Liveで素晴らしいルーム補正効果を手に入れる方法を、順を追ってご紹介しましょう。

  1. 接続
  2. リスニングポジションの選択
  3. 測定
  4. ターゲットカーブデザイン
  5. 補正フィルターの生成と補正後特性の表示
  6. 補正フィルターのDDRCシリーズへのエクスポート
  7. DDRCシリーズの操作方法
  8. DDRC製品比較表

1.接続

DDRCシリーズ、UMIK1あるいはUMIK2を、それぞれUSBでパソコンに接続します。
miniDSPプラグインソフトを立ち上げ、Start Dirac Live SoftwareボタンをクリックするとDirac Liveが起動し、DDRCシリーズが検知されると以下のような画面が表示されます(DDRC-24の例)。


DDRC-24を選択すると、次にマイク選択の画面が現れます。以下の場合、UMIK-2を選びます。その後、測定時の再生音量の調整画面が出てきます(ここでは割愛)。

2.リスニングポジションの選択

最適補正をしたいリスニングポジションの大きさを、3通りの中から決めます。
以下は、最も小さなリスニングポジションの例です。

3.測定

測定は、画面の指示に従ってUMIKをその場所に移動させて行います。
以下の例(最も小さいリスニングポジション)では、9ヶ所で測定します。広いタイプを選ぶと17か所で測定を行います。
測定信号は、スイープサイン波です。測定が完了すると、1ヶ所ごとにすぐに周波数応答グラフが表示されます。

4.ターゲットカーブデザイン

全ての測定が完了すると、測定結果の周波数応答が表示されます。また、補正ターゲットカーブも重ねて表示されます。
最初は、フラットカーブが自動的にターゲットカーブとして設定されています。グラフ上のアンカーポイント(○印)をマウスで移動して、自分好みのカーブが簡単に作れます。

5.補正フィルターの生成と補正後特性の表示

ターゲットカーブを作ると、Dirac Liveはすぐに補正フィルターの計算を開始し、補正フィルターの計算が終了した時点で、補正後の周波数特性が表示されます。

補正前(上)と補正後(下)の、インパルス応答の比較もできます。

6.補正フィルターのDDRCシリーズへのエクスポート

DDRCシリーズは、内部に4つのフィルタースロットを持っており、そこに補正フィルターを記録できます。
フィルター名称の編集をした後、各スロットにエクスポートします。これでDirac Liveは完了です。

7.DDRCシリーズの操作方法

所望の補正フィルターがDDRCシリーズにエクスポートされれば、コンピューターは必要ではなくなります。
その後は、フロントパネルのノブ(DDRC-24以外)および純正のminiDSP IRリモコン(別売)で操作を行います。以下が操作できる機能です。

  1. マスターボリューム
  2. マスターミュート
  3. ソース選択
  4. Dirac LIVE フィルターのオンオフ
  5. フィルターセットの選択

8.DDRC製品比較表

仕様\製品名 DDRC-24 DDRC-22D w/UMIK-1 DDRC-88A w/UMIK-1
写真 DDRC-24 DDRC-22D w/UMIK-1 DDRC-88A w/UMIK-1
特長 DiracLiveとminiDSP プラグインを統合。1台でスピーカーの最適設定とルームEQの両方を実現。
USBオーディオやTOSLINKも搭載したコストパフォーマンス抜群のminiDSP。
96kHzサンプリングに対応したデジタル入出力のDiracLiveのハイエンド製品。
音響測定マイク UMIK-1付属。購入してすぐにステレオシステムのルームEQを実現。
7.1chサラウンドに対応したDiracLive製品。アナログ入出力はバランス型コネクタを採用。
音響測定マイク UMIK-1付属。購入してすぐにサラウンドルームEQを実現。
アナログ入力(24bit ADC) 2ch 8ch(RCAおよびバランス型ターミナルブロック)
アナログ出力 (24bit DAC) 4ch(RCA) 8cch(RCAおよびバランス型ターミナルブロック)
デジタル入力
(Sample Rate Converter搭載)
・TOSLINK
・USBオーディオ2ch
※アナログ入力含めた3種類の入力から1つを選択
・TOSLINK
・SPDIF
・AES/EBU
※どれか1つを選択
デジタル出力 USBオーディオ4ch
※アナログ出力と同時出力可能
・TOSLINK
・SPDIF
・AES/EBU
※同時出力
サンプリング周波数 48kHz 96kHz 48kHz
信号処理機能 DiracLive
PEQ, Crossover, Compressor, Delay 他
DiracLiveのみ DiracLiveのみ
※別売りのプラグイン DDRC-88BM(99USD)で低音管理可能
USBオーディオ 有り(専用ソフト付属) 無し 無し
DiracLiveフィルターの数 4 4 8
音響測定マイク UMIK-1 無し(別途必要) 付属 付属
フロントパネル操作 無し ロータリーエンコーダー
(マスター音量、EQ切り替え、DiracLiveオンオフ、入力選択)
ロータリーエンコーダー
(マスター音量、EQ切り替え、DiracLiveオンオフ、入力選択)
miniDSP IRリモコン 対応
(マスター音量、ミュート、EQ切り替え、DiracLiveオンオフ、入力選択)
対応
(マスター音量、ミュート、EQ切り替え、DiracLiveオンオフ、入力選択)
対応
(マスター音量、ミュート、EQ切り替え、DiracLiveオンオフ、入力選択)
電源 DC12V(ACアダプター付属) DC5V(ACアダプター付属) DC12V(ACアダプター付属)
日本語マニュアル フルマニュアル付属 クイックマニュアル付属 クイックマニュアル付属
本体サイズ 手のひらサイズ ハーフラックサイズ フルラックサイズ
価格(税込) 71,500円 176,000円 198,000円
備考 ・音響測定マイク UMIK-1およびminiDSP IRリモコンは付属しません
・定番製品(通常在庫有り)
miniDSP IRリモコンは付属しません
・お取り寄せ製品
miniDSP IRリモコンは付属しません
・お取り寄せ製品
Back to Top ↑