APx500 Flex紹介セミナー用画像 Audio Precision(AP)は、1980年代に創業され、今日に至るまでオーディオ機器計測のチャンピオンとして君臨しています。APの製品は使いやすさと性能が群を抜いており、オーディオ機器メーカーは元より、プローディオの現場、オーディオ自作派の方々まで、世界中で愛されています。
ただし、一つだけ課題がありました。価格です。一番手頃な製品でも軽自動車、高い製品ですと外車が買えてしまいます。それで、技術者の間では「いつかはAP」などと言われてきました。

今回ご紹介するAPx500 Flex(Flex)は、その価格の壁を打ち破った製品です。従来製品で最もリーズナブルだったAPx515の約1/3のコストで、APの計測機能と操作環境を得ることができます。

本セミナーでは、そもそもFlexとはどういうものかFlexを使う際に必要な外部機器などをご紹介し、最後に、Flexの使い方の簡単なデモを行います。
1時間という短時間のオンラインセミナーで、Flexの概要を知る絶好のチャンスです。
特に、ホール・スタジオ・ライブPA・放送局で機器メンテナンスをされている方にお勧めです。もちろん、Audio Precisionやオーディオ計測にご興味があるどんな方も大歓迎です。
受講料は無料ですので、お気軽にご参加ください。

<詳細>

     
日 時 2020年5月28日(木) 14時00分開始~15時00分終了(1時間)
講 師 栗山 譲二(株式会社J.TESORI代表)
受講料 無料
申込み フォームよりお申込みください。
※募集は終了いたしました。
ご受講にあたって
  • ネットワーク接続されたパソコンをご準備ください。カメラ、マイクは不要です。
  • 本オンラインセミナーは、一般的なビデオ会議システムではなく、セキュリティが強化されたウェビナー専用のシステムを用います。
  • 参加者には他の参加者の情報は共有されません。

<カリキュラム>

  1. 1. APx 500 Flexの概要
  2. 2. APx500 ソフトウェアについて
  3. 3. オーディオIFとの接続
  4. 4. Dante Virtual Soundcard との接続
  5. 5. 測定デモンストレーション