UMBRIA Series MBA-32

MBA-32 Multi Power Condensed to 2U.

マルチチャンネル音場再生・合成実験に最適な小型アンプUMBRIAシリーズ

UMBRIAシリーズは、ラックサイズ2Uの筐体に最大32chのアンプを搭載しており、大型無響室や防音室でのマルチスピーカーによる聴覚実験や音場再生実験、および22.2chスーパーサラウンドなどの高臨場感立体音響再生システムに最適なマルチチャンネルアンプです。
製品は、アナログ入力バージョンとMADI入力バージョンをラインアップしています。
MADIバージョンでは、MADIカード搭載パソコンと同軸ケーブルあるいは光ファイバーで直接接続でき、外部DAC機器を必要としないことから、システムをローコストかつコンパクトに構成できます。

特長

◆ 2Uサイズに最大32chのアンプを搭載

通常のアナログ入力バージョンでは、15Wのアンプを32ch搭載したモデル、20Wのアンプを24ch搭載したモデル、30Wのアンプを16ch搭載したモデル、の三機種をラインアップしています。
MADIバージョンでは、32chと16chの二機種となります。

◆ MADIインターフェース

MADIバージョンには、最大64ch受信可能なMADIインターフェースと24bit高性能DACを搭載しています。
入力コネクターは、通常の同軸に加え光入力端子も搭載しています。また、カスケード接続用のMADI出力を同軸および光出力端子で備えており、64chのオーディオ信号を簡単に2台のUMBRIAに振り分けることができます。さらに、ワードクロック入出力も可能です。

UMBRIA MADIブロック図

◆ 実験の精度を高める出力ファインアジャスト機能

全チャンネルに、0.1dB以下の精度で連続微調整が出来る多回転型ファイントリマーを搭載。出荷時には同一レベルに調整済みですが、ユーザーはリアパネルのトリマーでチャンネルごとに入力感度の微調整ができ、実験の精度や再現性を高めることが可能です。
※MADIバージョンには、リアパネルトリマーは搭載していません。

MBA-32 ファイントリマー

◆ 優れた残留ノイズとクロストーク性能

最大32chものアンプを搭載していながら、通常の設備用ステレオアンプと同等以上のSN比(102dB以上)とクロストーク性能(-70dB以下)を有しています。極めて高い静粛性が要求される無響室での聴覚実験に使用しても、残留ノイズなどに悩まされることはありません。

◆ 安心の国内設計・国内生産

全ての設計および生産を、日本国内で行っています。MADIインターフェースについても自社設計のFPGAで実現しており、DSPの搭載などのバージョンアップも計画しています。

製品ラインナップ

MBA-321532ch 15W/ch : 販売価格900,000円(税別)
MBA-242024ch 20W/ch : 販売価格800,000円(税別)
MBA-163016ch 30W/ch : 販売価格700,000円(税別)
MBA-3215 MADI32ch 15W/ch : 販売価格1,300,000円(税別)
MBA-1630 MADI16ch 30W/ch : 販売価格1,100,000円(税別)

製品概略仕様

  • アナログ入力 バランス仕様D-SUB25P(8ch単位)※1
  • MADI入出力 BNCおよびSC光コネクター ※2
  • 搭載DAC 24bit/48kHz x 32/16 ※2
  • パワーアンプ出力 ユーロコネクタ8P(4ch単位)
  • 総合出力480W
  • 全チャンネルに高精度ファイントリマーをリアパネルに搭載 (0.1dB以下の微調整可能)※1
  • THD+N 0.1%以下 (8Ω 1/2出力時AWTG)
  • SN比 102dB 以上(AWTG)
  • クロストーク -70dB以下
  • 外形寸法(W483×H88×D350 mm)
  • AC100-240V

※1 アナログ入力バージョン
※2 MADIバージョン
記載内容は予告なく変更することがあります。

MBA-32 フロントパネル

MBA-32 リアパネル

写真はMBA-1630

MBAシリーズ仕様書ダウンロード
MBAシリーズパンフレットダウンロード

2016年8月31日現在